2018年

1月

20日

事務所が明るくなってます

 先週の演説会の時に、女性後援会の皆さんからいただいたポスターです。ありがとうございます!

 

事務所に貼りだしました。壁は資料などでいっぱいなので、本棚の本を隠すように貼っています。

 

ハートの中には、「ただ一人の女性議員、がんばろう!」「保育料、医療費、給食費3つのゼロの実現を」「医療費1回500円は高い!」「奨学金は無利子に!」「通学費補助して!」「年金が確実にもらえる世の中になりますように」「公園の整備をお願いします!」「国保下げてほしい」「荒れた土地どうにかしたい」「ファミサポの料金値下げを」などなどご要望が盛りだくさん。

「たよりになる市議、ともちゃん」の言葉もありますが、お世辞かな?機体かな?とにもかくにも、まだまだ、いや、ますます市政の場で頑張るぞ!と気合が入ります。

2018年

1月

17日

朝のごあいさつ

昨日は雪も上がり、朝は冷え込みながらも久しぶりの快晴に恵まれた朝の宣伝した。

 日中14度ぐらいに温度も上がりましたが、夜から今日は雨になりました。今後も、雪と雨の繰り返しのようですし、インフルエンザをはじめ、感染性の疾患が流行っているようです。私自身体調管理に十分配慮して、宣伝、あいさつ、署名活動に取り組みたいと思います。

 

先週末は大学入試センター試験、今日は米子高専の推薦入試。本格的に受験シーズンも迎えています。来年は我が家の3人がそれぞれの学校を卒業して新しい環境に向かう時期になります。今すでにそれに向かって、3人が進路先のことを調べたり自分なりに悩んだりしています。親として、見守りつつ時には叱咤激励も必要なのかとも思いますが、なかなかどちらも十分ではありません。まだまだ安田家の子育ては続きます。

 こういう中で、子育て支援の政策提案や要望がどうしても多くなります。一方で、親の介護や見取りも経験しながら、高齢者福祉、障がい者福祉などにも目を向けて積極的に提案要望していきたいと思っているところです。

2期目に向けての思い

医療、福祉、教育の現場で働き、障がいや病気を抱え懸命に生きる方々に、頑張ってもうまくいかない、頑張ろうと思っても頑張れない時にも共に寄り添ってきました。成果主義や自己責任論では明るい未来は開けません。

4年前の初当選以来、毎議会で一般質問に立ち、子育て支援、教育、地域産業振興、若者支援、安心安全の社会、医療・国保の充実、平和と民主主義を求めて、質問、提案をしてきました。また、消費税増税にともなう手数料の値上げや、国保税・介護保険料の引き上げなど、度重なる市民負増加にきっぱり反対し、市民負担が増えれば地域経済も疲弊すると警鐘を鳴らし、市の財政負担でまかなうよう求めました。

 

 戦後、私たちの親世代から始まった核兵器廃絶の運動が、今、実ろうとしています。草の根の運動で社会も世界も変えることができます。ともに平和でくらしよい境港をきずいていきましょう。2018年1月

私の思い

 仕事で、社会から孤立し苦しむ人たちの相談にのってきましたが、「政治を変えなければ」との思いを強くしてきました。

 子育てをするなら故郷と帰ってきた境港。昔と変わらぬ良さとともに、『広がる荒廃農地』『島根原発』『仕事がない』など、疑問や課題もたくさん見えてきました。

 

 そしてTPP、消費税増税、平和憲法改正・・・など・・・こんな政治を変えたい、市政をもっとよくしたい、「今がんばらねば」の想いで、動き始めています。

 

 いろいろ教えてください。ご支援をお願いします。

★ご支援に応えて市議会で力いっぱい頑張ります

皆さんから寄せていただいた、子育て支援願い、雇用と暮らしを守る願いにしっかり応えて、その声をまっすぐ市政にとどけて実現するため力いっぱい頑張ります。

引き続きご支援をよろしくお願いします。

【市議選結果】

  安田とも子  996票  6位 当選

  定岡敏行   779票 14位 当選 

 先輩の定岡さんとともに議会に送っていただきました。

 選挙で訴えた政策を忘れることなく実現まで頑張るために、訴えの動画を残しておきます。市民の皆さんからのチェックをお願いします。

 どうかよろしくお願いします。

★福島県議を迎え原発事故と共産党を語る集い

 東日本大震災で原発事故がおこってから2年8か月、福島県議として被災住民の立場で走り続けている長谷部あつしさんが境港にやってきて、原発事故と闘うフクシマと日本共産党を熱く語られました。

 長谷部さんは京大理学部出身で、日本共産党の議員として、事故の前から津波による過酷事故の可能性を県議会で追及してきた方です。震災後は被災者に寄り添って頑張っていらっしゃる方です。

 市内全域が30キロ圏に入る島根原発の再稼働に向けた動きが気になります。大好きな境港を原発事故から守って子供たちに手渡すために、お話を聞いていただき、日本共産党の仲間の輪に加わっていただけたらと思います。

 当日は、私も定岡市議とともにお話させていただきました。

 ⇒こちら

 

★市政アンケートの中間まとめを紹介します

 市民のみなさんから寄せていただいています「市政アンケート」が、10月29日時点で221人分となっています。

 共産党境港市委員会で中間のまとめをおこないましたのでご紹介します。記述部分もたくさんお寄せいただいておりますが、今回は数的なまとめに限らせていただいていますのでご了解ください。

 また、引き続きアンケートにご協力下さいますよお願いいたします。

境港市政アンケート中間まとめ_.pdf
PDFファイル 682.3 KB