2018年

3月

05日

今日から3月議会一般質問

2月28日から始まった3月議会、今日から3日間一般質問です。

今日3月5日は、会派「きょうどう」と「自民クラブ」の代表質問です。

きょうどう:米村一三議員(関連:平松謙治議員)

自民クラブ:佐名木知信議員

 

3月6日

安田共子、田口俊介、松本煕、浜田佳尚の各議員

3月7日

長尾達也、築谷敏雄、足田法行、景山憲の各議員と続きます。

いずれも10時からですので、共産党の安田、長尾は明日明後日の各10時からとなります。傍聴、中海テレビでのチェックをよろしくお願いします。

 

私の質問原稿(冒頭部分のみ)を紹介します。

安定ヨウ素剤の服用については、今の備蓄型の課題を明確にして、事前配布が希望者に行き渡るための準備をしっかりしてもらうよう求めていきます。

平和の取り組みについては、核兵器廃絶についての情勢を明確にし、市としても廃絶にむけた積極的な取り組みを求めていきたいと思います。

 

1)原子力防災における安定ヨウ素剤の服用について

本市においては、鳥取県などと協力し、島根原子力発電所事故対応の広域住民避難計画を制定、実施し、年次的に修正を加えより実効性の高いものにと努力されています。

このたび、従前より市民から要望があった安定ヨウ素剤の事前配布実施について検討が進められ、今年度実施に向けて準備もされています。安定ヨウ素剤は、原子力発電所事故時に放出される放射性物質のうちの、放射性ヨウ素が体内に入り甲状腺に蓄積して機能障害などを起こすのを防ぐ効果があります。これまでは、安定ヨウ素剤の服用指示が出されてから、一時集結所等に備蓄されている安定ヨウ素剤を、一時集結所において、避難住民に配布し、医師又は薬剤師の立会いのもと、服用させる。就園就学児童生徒については保育園幼稚園、学校において服用すると計画をされています。

そこでまずうかがいます。従来の計画における、安定ヨウ素剤服用の目的、方法について説明を求めます。

この度の事前配布は、これに加えて、希望する市民には事前に安定ヨウ素剤を渡しておいて、避難する必要な時に服用ができるようにするというものです。そこで、安定ヨウ素剤の事前配布の検討状況、事前配布の目的、対象、方法について説明を求めます

 

 

2)核兵器廃絶、平和推進活動について

一昨年9月議会で、私は、市長、教育長の平和と核兵器廃絶への思いをお聞きし、市長からは「真の恒久平和を実現することは全世界全人類共通の願いであるとの認識のもと、平和推進活動に取り組んでまいりました。今もなお核兵器は地球上に存在し、人類に核の脅威をもたらし続けており、核兵器の惨事が二度と繰り返されることがないように恒久平和の実現に向け戦争の悲惨さを訴え続け、核兵器の廃絶を求め続けていくことが必要だと痛感をしております。戦争を知らない世代がふえてきている中、核兵器の脅威と平和のとうとさを次代に引き継いでいき、核兵器の廃絶、平和な世界の実現に向け今後とも真摯に取り組んでいく」という決意を述べて頂きました。当時の佐々木教育長も「世界の平和と核兵器の廃絶を心から望む」と言われました。

これまでも非核都市宣言を行い、平和首長会議に加盟し、非核平和写真展、戦没者慰霊祭などを開催し、平和行進の到着を歓迎し反核平和の火リレーに参加され、広島への修学旅行をはじめとした平和教育に取り組んでおられるところです。

 

一方、世界では昨年、国連で核兵器禁止条約が採択され、核拡散防止から核兵器全面禁止へ前進しました。平和首長会議も賛同協力している核兵器全面廃絶を求める『ヒバクシャ国際署名』には、中村市長、松本教育長もご署名なさいました。境港市議会では昨年9月議会で「核兵器禁止条約の早期批准を求める意見書」を日本政府に送付しました。いま、まさに、核兵器全面禁止の機運を高め、被爆者、被爆国の思いを結実する時です。さらなる平和、核兵器廃絶のとりくみが求められていると思いますが、いかがお考えでしょうか

 

2018年

2月

28日

3月議会始まりました

2月22日、境港市議会の新しい任期が始まりました。そして、会派代表者会、全員協議会などを経て、いよいよ3月議会が始まりました。

2月28日の議会開会日には、まず議長選挙。立候補は会派「きょうどう」(米村一三代表)の柊康弘議員、会派「新風」(浜田佳尚代表)の永井章議員の二人。私たち日本共産党市議団は、議長選にあたっての抱負、議会運営にのぞむ姿勢、議会改革についての展望などを直接お二人からも聞かせてもらい、お二人とも公平公正な議会運営に努め、議会改革にあたっても各議員の意見をとりまとめてさらに開かれた議会をめざしていきたいとのことで、特にこの人には任せられないという要素はありませんでした。最終的に、これまでの議会内外での共同を重視して投票することにしました。結果は、柊議員、永井議員とも8票の同数となり、くじで柊議員が議長に選出されました。

 

今のところ決まっている日本共産党市議団の議会構成を紹介します。

議会運営委員会 安田共子(田口俊介委員長、浜田佳尚副委員長)

総務民協常任委員会 長尾達也(森岡俊夫委員長、景山憲副委員長)

経済厚生常任委員会 安田共子(佐名木知信委員長、安田副委員長)

予算委員会は全議員で構成(田口委員長、森岡副委員長)

玉井斎場管理組合議会議員 長尾達也

 

特別委員会、その他の審議会などの構成は今後決まっていきます。

 

また、3月議会に上程された議案として、賛否が問われる問題がいくつかあります。

〇国民健康保険税について、国保運営協議会の答申を受けて、資産割を廃止することで収入減となる額を均等割・平等割・所得割に上乗せすることにより、6割以上の加入者が保険税増額になる

〇介護保険料の見直しにより、月額基準額を約2.4%引き上げる

〇小中学校給食の調理業務の民間委託にかかる手続き

 

実態調査などを行い、しっかりと審査をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

境港市議会議員選挙 初の無投票

昨日、1月28日に告示された境港市議会議員一般選挙は、立候補者の数が定数(16人)を超えないため無投票になりました。

2期目に向けての思い

医療、福祉、教育の現場で働き、障がいや病気を抱え懸命に生きる方々に、頑張ってもうまくいかない、頑張ろうと思っても頑張れない時にも共に寄り添ってきました。成果主義や自己責任論では明るい未来は開けません。

4年前の初当選以来、毎議会で一般質問に立ち、子育て支援、教育、地域産業振興、若者支援、安心安全の社会、医療・国保の充実、平和と民主主義を求めて、質問、提案をしてきました。また、消費税増税にともなう手数料の値上げや、国保税・介護保険料の引き上げなど、度重なる市民負増加にきっぱり反対し、市民負担が増えれば地域経済も疲弊すると警鐘を鳴らし、市の財政負担でまかなうよう求めました。

 

 戦後、私たちの親世代から始まった核兵器廃絶の運動が、今、実ろうとしています。草の根の運動で社会も世界も変えることができます。ともに平和でくらしよい境港をきずいていきましょう。2018年1月

私の思い

 仕事で、社会から孤立し苦しむ人たちの相談にのってきましたが、「政治を変えなければ」との思いを強くしてきました。

 子育てをするなら故郷と帰ってきた境港。昔と変わらぬ良さとともに、『広がる荒廃農地』『島根原発』『仕事がない』など、疑問や課題もたくさん見えてきました。

 

 そしてTPP、消費税増税、平和憲法改正・・・など・・・こんな政治を変えたい、市政をもっとよくしたい、「今がんばらねば」の想いで、動き始めています。

 

 いろいろ教えてください。ご支援をお願いします。

★ご支援に応えて市議会で力いっぱい頑張ります

皆さんから寄せていただいた、子育て支援願い、雇用と暮らしを守る願いにしっかり応えて、その声をまっすぐ市政にとどけて実現するため力いっぱい頑張ります。

引き続きご支援をよろしくお願いします。

【市議選結果】

  安田とも子  996票  6位 当選

  定岡敏行   779票 14位 当選 

 先輩の定岡さんとともに議会に送っていただきました。

 選挙で訴えた政策を忘れることなく実現まで頑張るために、訴えの動画を残しておきます。市民の皆さんからのチェックをお願いします。

 どうかよろしくお願いします。

★福島県議を迎え原発事故と共産党を語る集い

 東日本大震災で原発事故がおこってから2年8か月、福島県議として被災住民の立場で走り続けている長谷部あつしさんが境港にやってきて、原発事故と闘うフクシマと日本共産党を熱く語られました。

 長谷部さんは京大理学部出身で、日本共産党の議員として、事故の前から津波による過酷事故の可能性を県議会で追及してきた方です。震災後は被災者に寄り添って頑張っていらっしゃる方です。

 市内全域が30キロ圏に入る島根原発の再稼働に向けた動きが気になります。大好きな境港を原発事故から守って子供たちに手渡すために、お話を聞いていただき、日本共産党の仲間の輪に加わっていただけたらと思います。

 当日は、私も定岡市議とともにお話させていただきました。

 ⇒こちら

 

★市政アンケートの中間まとめを紹介します

 市民のみなさんから寄せていただいています「市政アンケート」が、10月29日時点で221人分となっています。

 共産党境港市委員会で中間のまとめをおこないましたのでご紹介します。記述部分もたくさんお寄せいただいておりますが、今回は数的なまとめに限らせていただいていますのでご了解ください。

 また、引き続きアンケートにご協力下さいますよお願いいたします。

境港市政アンケート中間まとめ_.pdf
PDFファイル 682.3 KB